4月17日から5月6日まで新型コロナウイルス感染拡大防止の為休店と致します。

【一宮でiPhone修理】バッテリー交換後に長持ちさせる充電のポイント

iPhone修理を検討する程、大きな問題にiPhoneのバッテリー劣化が挙げられます。 iPhoneのバッテリーはAndroidとは異なり、本体にそのまま埋め込まれているためiPhone修理に出して交換する以外の改善方法がありません。
一宮市にある当店でも、バッテリーの劣化で交換を求める方は多くみられます。
iPhone修理の回数を減らすためにも、バッテリーの劣化が抑えられる方法をNAVショップ一宮店のスタッフがご紹介します。

手軽にできるバッテリーの劣化を防ぐ方法

バッテリーの劣化は日常的に起こります。できるだけ寿命を長く保つためにも、劣化を防ぐポイントを見ていきましょう。

極端な温度の変化を控える

iPhoneに使用されているリチウム電池は、とても熱に弱い性質を持っています。そのため、高温になる場所や直射日光が当たる場所には置かないようにしましょう。
周辺の温度環境は0℃~35℃以内がおすすめです。

フル充電、完全放電は避ける

iPhoneの充電は80%~90%までを目安に、完全な放電も避けるようにしましょう。
充電が0%のシャットダウン状態になったままでも、バッテリーの劣化が起こってしまいます。充電がないままの放置も控えましょう。

充電を繋いだまま使用しない

バッテリーの消耗が早いからといってモバイルバッテリーを繋いだまま使用すると熱がこもってしまい、よりバッテリーの劣化を引き起こす可能性が高くなります。
高温になりすぎるとバッテリーが膨張する恐れがあるので危険です。

バッテリーを長持ちさせるには?

iPhoneのバッテリーをできるだけ持ちさせるには、高温で利用や保管しない、フル充電やフル放電しないことが重要です。そのため、充電したままでの使用や過充電にも気を付けましょう。
iPhoneは、約500回のフル充電が寿命の目安となっています。充電コードにつないだ回数ではなく、放電した量が100%になる回数で数えられているので、1回に充電される量が多くなると劣化につながってしまうのです。
もしバッテリーの劣化が進んでしまった場合は、早急に一宮市にあるiPhone修理店で改善が求められます。

バッテリー交換前に劣化をチェックする方法についてはこちら

一宮でバッテリーを交換するならNAVショップにお任せ!

一宮エリアでiPhone修理を検討しているなら、NAVショップにお任せください。
当店では、様々なiPhone修理を承っています。
iPhone修理はメーカーであるApple Storeで可能ですが、補償期間が過ぎているとバッテリーの交換は高くなってしまうでしょう。しかし、NAVショップ一宮店は劣化したバッテリー交換も地域最安値で交換可能です。
一宮にお住まいの方はもちろん、近郊でiPhone修理ができるお店がない方はお気軽にご相談ください。

壊れているものであっても、捨ててしまう前にまずは一度当店へご相談下さい!
当店で買い取っております商品の一覧をご紹介させて頂きます。こちらにない商品も大歓迎!お気軽にお問い合わせください。

買取可能商品はこちら