4月17日から5月6日まで新型コロナウイルス感染拡大防止の為休店と致します。

iPhoneが水没!知っておきたいiPhone修理前の応急処置

iPhoneを持っていて、うっかり水没させてしまった時どうしたらいいのでしょうか?そう悩む方の声をNAVショップ一宮店でもよく聞かれます。
何とか復旧しようとする気持ちは分かりますが、間違ったやり方をしてしまうとiPhoneが完全に壊れてしまう可能性があるでしょう。
そこで今回は、iPhoneが水没した時のために知っておきたい、iPhone修理前の応急処置についてNAVショップ一宮店のスタッフがご紹介します。

iPhone修理前に試そう!応急処置

一宮市でもiPhoneやスマホを水の中に落としてダメにしたという声は少なくありません。誤ってiPhoneを水没させてしまったとしても、諦めるのはまだ早いです。
「iPhone修理に出さないとダメかな」と思うかもしれませんが、まずは以下の応急処置を試してみてください。

電源をオフにする

iPhoneを水の中に落としてしまった時は、拾ったらすぐに電源を切りましょう
iPhoneに限らずですが、スマホは全て精密機器です。細かいチップや機器がたくさん入っているため、電源を入れたままの場合、ショートする可能性があります。
ショートが起こるとiPhone事態に致命的なダメージを追ってしまうので、水没した時はすぐに電源を切ります。
「なるべくiPhone修理に出したくないという」方は、水没後にすぐ実行しましょう。

水分をふき取る

水没した際は、カバーケースなども全て外して水気を入念に拭き取ります。特にイヤホン部分やコネクタ部分などは水が溜まりやすい箇所なので、綿棒を使って丁寧に水気をなくすように心掛けましょう。
地味な作業ですが、これをやるかどうかによって、iPhone修理が必要かどうかも変わってきます。仮にiPhone修理になったとしても、簡単な部品交換だけで済むなどメリットは少なくありません。

SIMカードを外す

水気を取り除く時は、SIMカードも外して拭くことを忘れないようにしましょう。
SIMカードは身分証のようなものであり、LINE電話などのネット通話を除いた、通常の電話をするためには必須のものです。
iPhoneの外側にある小さい穴に針金のような棒を入れることで、SIMカードは取り出せます。

iPhone修理に出す前にやっておくと良いことについてはこちら

iPhone修理に一直線!NG行動

以下は一見良さそうな応急処置ですが、やってしまうとiPhone修理一直線となってしまうNG行動の例です。

ドライヤーで乾燥させる

高温になるドライヤーだと、熱によって基盤を傷める可能性があります。砂糖や塩などの水以外の水分でiPhoneを水没させた場合、焦げることもあるので止めておきましょう。

充電して温める

「充電して、内部から温めたらいいのでは?」と思う人もいますが、これは最もやってはいけない行動です。
充電すると正常に動いていた箇所もショートして、ダメージが増長する可能性があります。
とりあえず「電気は通さないようにする」ことを覚えておくと、一宮市のiPhone修理店に出す可能性も減らせるでしょう。

一宮市でiPhone修理を相談するならNAVショップへ

応急処置を一通り試したけれどもiPhoneが復旧しないという時は、iPhone修理に出してください。ただ、一宮市にはApple Storeがないため、正規サービスを受けることが難しいです。
NAVショップでは、iPhone修理をお引き受けしています。一宮市や近隣にお住いの方でiPhone修理が必要な際は、お気軽に当店までご相談ください。

壊れているものであっても、捨ててしまう前にまずは一度当店へご相談下さい!
当店で買い取っております商品の一覧をご紹介させて頂きます。こちらにない商品も大歓迎!お気軽にお問い合わせください。

買取可能商品はこちら