4月17日から5月6日まで新型コロナウイルス感染拡大防止の為休店と致します。

防水でも注意!iPhoneが水没で壊れる原因

一宮市で防水機能が付帯されたiPhoneをお持ちの方は多いでしょう。
防水機能自体は7以降付きましたが、「防水だからどんな水濡れでも大丈夫!」と思っていませんか?実は、防水機能が付いたiPhoneも水没します。
「自分の機種がどこまでなら水に耐えるか」を知っておかないと、後でiPhone修理が必要になり、大変な目に遭ってしまうかもしれません。
そこで今回は、防水機能のあるiPhoneが、水没で壊れる原因についてご紹介します。一宮市のiPhone修理店に出す前に、正しい防水機能について確認しましょう。

iPhoneの防水・耐水性能には限界がある

今のiPhoneは全機種に防水性能が備わっており、ちょっと水に濡れたくらいでは簡単に壊れない設計となっています。
しかし、多く人が勘違いしているのですが、iPhoneに備わっているのは防水ではなく「耐水」機能です。ここが分かっていないと、水没してiPhone修理で予算をかけることになります。
防水とは、雨や水が入り込まないように処理や加工を施すことです。
対して、耐水とは水によって変形したり、破損したりする影響がないことを指します。これらは似ているようで全然違います。
仮にiPhoneが防水であれば、イヤホン部分に水が入り込むのはおかしいでしょう。 iPhoneは防水ではなく、耐水というところに注意しないと、ゆくゆくiPhone修理にお世話になることになります。
具体的な各iPhoneの耐水性能については、「IPx□」の「□」部分に記載されています。
例えば、iPhone8であれば「IPx7」と表記されており、これは最大水深1mの場所に30分間水没していても問題ないという意味です。
iPhone11の場合は「IPx8」と表記されていて、「IPx7」と同条件の場合、最大水深2mまで水に耐えられます。
iPhone11ProやPro Maxとなると、さらに性能はアップし、最大水深4mまで耐えられる性能です。

耐水性能は長期間使用していると低下する

iPhoneの耐水性能は、時間の経過とともに劣化していきます。なぜなら、iPhoneの耐水は防水パッキンによって保たれているからです。
内部への侵入を防止するパッキンが傷んでくると、隙間から水が入るようになり、表記されている耐水時間に満たなくても水没するようになります。
Apple側も公式サイトで「耐水性能は、永久に続くものではない」と発表している通り、長く使用していると、やがて耐水性能は落ちます。
耐水性能を過信していると、iPhone修理に出さないといけない事態になるので注意した方がいいでしょう。

水没したiPhoneの応急処置についてはこちら

一宮市でのiPhone修理はNAVショップへご相談ください

7以降には全て防水性能が備わり一宮市でもますます人気が高まるiPhoneですが、あまり過信しすぎないことが大切です。
万が一、水没してしまった時は、一宮市内にあるiPhone修理店へ依頼しましょう。
NAVショップ一宮店でも、iPhone修理を承っています。一宮市やその近郊にお住まいで、誤って水の中に落とししたり、ジュースをこぼしたりして使えなくなった時のiPhone修理は、当店までお気軽にお問い合わせください。

壊れているものであっても、捨ててしまう前にまずは一度当店へご相談下さい!
当店で買い取っております商品の一覧をご紹介させて頂きます。こちらにない商品も大歓迎!お気軽にお問い合わせください。

買取可能商品はこちら